コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SARS(新型肺炎) さーずしんがたはいえん

1件 の用語解説(SARS(新型肺炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

さーずしんがたはいえん【SARS(新型肺炎)】

 SARSコロナウイルスの感染による新型肺炎で、重症急性呼吸器症候群(じゅうしょうきゅうせいこきゅうきしょうこうぐん)ともいいます。潜伏期間は、2~7日。
●症状
 38℃以上の高熱、せき・息切れ呼吸困難などの呼吸器症状が現われます。これらの症状に、10日以内に流行地に渡航、あるいは渡航した人と接触した場合、この病気が疑われます。胸部X線検査で、肺炎や呼吸促迫症候群のような像がみられるとSARSの可能性があると診断されます。
●治療
 有効な治療法はわかっていません。可能性のある人は、専門の病院に入院して、解熱と呼吸器症状の改善による対症療法が行なわれます。対症療法によって、多くは軽快しますが、まれに重症化して、呼吸不全で命にかかわることもあります。
●予防
 流行地には、旅行しないようにしましょう。飛沫(ひまつ)感染するので、流行地では、マスクをする、外出後は手洗いやうがいを励行しましょう。ウイルスはアルコールや漂白剤の消毒で死滅します。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

SARS(新型肺炎)の関連キーワード生志恒新感染症日中関係重症急性呼吸器症候群SARS特定病原体感染症法大韓航空の青森―ソウル線日本航空の経営問題台湾の国際組織参加

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

SARS(新型肺炎)の関連情報