コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新感染症 シンカンセンショウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐かんせんしょう〔‐カンセンシヤウ〕【新感染症】

感染症予防法による感染症の分類の一。人から人に伝染し、すでに知られている感染性の疾病とは病状や治療の結果が異なり、病状の程度が重篤で、蔓延(まんえん)することで国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあると認められるもの。感染症予防法における1類感染症に準じて対応する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

新感染症【しんかんせんしょう】

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法。1999年施行)によって定められた,感染症(伝染病)類型の一つ。〈人から人に伝染すると認められる疾病であって,既に知られている感染性の疾病とその病状又は治療の結果が明らかに異なるもので,当該疾病にかかった場合の病状の程度が重篤であり,かつ,当該疾病の蔓延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあると認められるものをいう〉と定義づけられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんかんせんしょう【新感染症】

感染症予防法で定められる感染症類型の一。既知の感染症と症状などが明らかに異なり、かつ危険性が極めて高い感染症。一類感染症(ペストやエボラ出血熱など)と同様の扱いをし、強制入院などの措置を行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新感染症
しんかんせんしょう

1999年(平成11)4月施行の感染症法(感染症予防・医療法=感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で指定される未知の新しい感染症のこと。2003年4月、重症急性呼吸器症候群SARS(サーズ))が指定第1号となった。同法では従来の感染症を、その強さや性質、対応策に応じて危険性がもっとも高いと考えられる1類(エボラ出血熱、ペストなど7病)を筆頭に、2類(ポリオなど)、3類(腸間出血性大腸菌感染症など)、4類(黄熱など)、5類(破傷風など)に分類した。新感染症は原因不明のため1~5類に当てはまらないが、伝染力や症状から危険性がきわめて高い新興感染症で、指定後は1類と同等の扱いになる。SARSは診断法も確立していない段階での緊急指定であったため、「香港(ホンコン)などの流行地から帰国後10日以内に発熱や肺炎などをおこし、抗生物質で3日以内に改善せず、ほかの病気と診断できない場合」に感染のおそれのある患者とした。医師は感染のおそれのある患者を診察した場合、すぐに保健所を通じて都道府県に届け出る。都道府県は厚生労働省に連絡するとともに、その患者や、患者に接触した人たちに対し健康診断を受けさせることができる。さらに必要な場合は、空気感染に対応して、独立の換気で陰圧にするなど設備の整った特別病室への強制入院や住居、職場等の消毒などの措置をとることができる。患者の立場を考慮し、入院は当初は10日間に制限され、感染の危険がなくなれば退院させなければならないが、現実にはその判断は非常にむずかしそうである。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新感染症の関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へ新型インフルエンザ等対策特別措置法感染症指定医療機関感染症予防医療法エボラ出血熱伝染病予防法学校感染症指定感染症ペスト既知

新感染症の関連情報