コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SPECT(読み)スペクト

翻訳|

デジタル大辞泉の解説

スペクト【SPECT】[single photon emission computed tomography]

single photon emission computed tomography》単一フォトン放射断層撮影装置。人体に微量の放射性医薬品を投与しその放射能を体外で測定、コンピューター処理して断層画像を得る。従来のCTは形態しか把握できなかったが、この装置では血液量や代謝などの情報も得ることができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

SPECT【スペクト】

単フォトン放射断層撮影装置(single photon emission computed tomography)の略で,脳内の血流を調べる検査方法。放射性同位元素を含む薬剤を静脈内に注射して,これが血液で脳に運ばれた分布状況を,赤,オレンジ,黄色,緑,青(赤から青になるにしたがって,血流が低下する)の色で識別して,コンピューター画像で表す。 この検査は,とりわけ脳梗塞(こうそく)の早期発見に威力を発揮する。脳血管が詰まってから再開通させるためには,発症してから長くても6時間以内,できれば3時間以内に治療を開始しなければならない。SPECTでは発症直後でも梗塞の範囲がはっきりとわかるので,すばやく適切な診断ができる。さらには,脳虚血状態(脳の血流が低下して,不足している状態)も画像に表せるので,脳梗塞になる前の予防的な治療も可能である。 これに対して,ふつうのCTスキャンMRIでは,脳の血管が詰まってから少なくとも3〜6時間以上,はっきりとわかるには24時間以上たって,脳細胞に栄養が行かなくなり,壊死(えし)した状態にならないと所見として出てこない。したがって,これらの検査結果が出てからでは手後れになるケースもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

SPECT

〖single photon emission computed tomography〗
単光子放射型コンピューター断層撮影法。ガンマ線放出元素を投与し、体外からその分布を測定してコンピューターで画像処理し、血液量や代謝機能を調べる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SPECTの関連情報