コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手後れ/手遅れ テオクレ

デジタル大辞泉の解説

て‐おくれ【手後れ/手遅れ】

手当てや処置すべき時機をのがすこと。遅れたために効がないこと。「早く医者にかからないと手後れになる」「いまさら何を言っても手後れだ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

手後れ/手遅れの関連キーワード墓に布団は着せられぬ既に一意段階

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android