コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SSRI エスエスアールアイSSRI

翻訳|SSRI

デジタル大辞泉の解説

エス‐エス‐アール‐アイ【SSRI】[Selective Serotonin Reuptake Inhibitors]

Selective Serotonin Reuptake Inhibitor抗うつ薬の一。脳のシナプス間隙に放出されたセロトニン神経終末に再吸収されるのを阻害する作用がある。不安感情などを抑制するとされるセロトニンが不足するのを防ぎ、神経細胞間の情報伝達を正常な状態に近づけることで、うつ症状を改善する。選択的セロトニン再取り込み阻害薬。→エス‐エヌ‐アール‐アイ(SNRI)
[補説]従来の抗うつ薬に比べて口の渇きや便秘などの副作用は少ないが、不適切な服用によって興奮や攻撃性が増す事例が報告され、慎重に投与する必要があるとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

SSRI

〖selective serotonin reuptake inhibitor〗
選択的セロトニン再吸収阻害物質。神経細胞の興奮伝達を果たしたセロトニンが元の細胞に再び吸収・貯蔵されるのを阻害し、神経細胞間のセロトニンを増加させる。抗鬱こううつ薬として用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

SSRI
えすえすあーるあい

抗うつ薬の一種で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬selective serotonin reuptake inhibitorsの略称。シナプスから放出された神経伝達物質であるセロトニンの神経細胞への再取り込みを阻害することで、脳内のセロトニン濃度を高める、ないしは維持するように働く。うつ病の人の脳内ではセロトニン濃度が低下しているとされる。そのため、セロトニン濃度を高めるSSRIは、うつ症状とされる抑うつ気分(落ち込み)や不安を軽減させる目的で、治療薬(抗うつ薬)として広く用いられている。
 SSRIの副作用としては、内服初期に吐き気や嘔吐(おうと)、胃部不快感などの胃腸障害が出現しやすいほか、口渇、便秘や尿閉、眠気や不眠、めまいやふらつき、性欲低下などの症状がみられる。さらに、アクチベーション・シンドロームactivation syndrome(賦活(ふかつ)症候群)とよばれる副作用も明らかにされている。これは、SSRIの服用初期、また、服用を中断してふたたび服用を開始したときや、用量を増やしたときなどに、不安や攻撃性、衝動性、焦燥感、そう状態、アカシジア(じっとしていられない)などの症状を呈し、さらに進むと自傷行為や自殺念慮のほか、他害行為もみられるようになるものである。そのため日本うつ病学会では、服用に関して特別な注意を促す提言を行っている。またいったん服用を開始すると、やめること(離脱)が困難なこともあり、離脱に失敗してパニック発作に陥った事例も報告されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

SSRIの関連キーワード選択的セロトニン再取込み阻害薬強迫性障害(強迫神経症)向精神薬のいろいろ新世代抗うつ薬パニック障害NaSSA抗うつ剤SNRI抗鬱薬神経症

SSRIの関連情報