コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VOR ブイオーアール VOR

6件 の用語解説(VORの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブイ‐オー‐アール【VOR】[VHF omnidirectional radio range]

VHF omnidirectional radio range》超短波全方向式無線標識航空機のための、超短波による方向指示標識

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

VOR【ブイオーアール】

VHF omni-directional radio rangeの略。超短波全方向式無線標識とも。航空機に方位を知らせる無線標識。108〜118MHzVHFを使用する超短波なので方位の誤差が少なく,空電の影響がない安定した指示が得られる。
→関連項目全方向無線標識電波航法VOR/TAC無指向性無線標識

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブイオーアール【VOR】

VHF omni‐directional rangeの略で,超短波全方位無線標識ともいう。飛行中の航空機に方位を知らせるための地上無線標識の一つで,超短波を使い,磁北を示す電波と,磁北から時計まわりに回る指向性電波を発射する。航空機はその磁北電波を受信した時間から指向性電波の受信時間までの差を測定して,発信局の方向と,その局へ近づきつつあるのか遠ざかりつつあるのか,予定のコースからどれくらいそれているのかなどのデータを知り,それらを計器上に示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

VOR

〖VHF omnidirectional radio range〗
超短波全方向式無線標識。航法援助無線施設の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

VOR
ブイオーアール

超短波全方向式無線標識」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

VOR
ぶいおーあーる

VHF omni-directional radio rangeの略称で、超短波全方向式無線標識施設のこと。VHF波の電波を利用して航空機の航行を援助する地上無線標識局で、原則として周波数帯108.0~117.975メガヘルツである。VOR局からは、全方向に位相が一定な基準位相信号と、方位がVOR局を中心に時計方向に変わるにつれて位相が遅れる可変位相信号が発射されており、航空機上の受信機でこれを受信し、二つの信号の位相差を測定することによってVOR局からの航空機の磁方位を知ることができる。VORはVHF波を利用しているため空電の影響が少なく、飛行コースを正確に指示することができるので、各種の航空路、出発・到着経路、VOR進入方式など、多くの計器飛行方式による経路がVORによって設定されている。VORの有効範囲は、見通し線(line of sight)以上の高度に制約される。また、有効到達距離は航空機の高度に応じて変化する。比較的出力の小さい空港用と出力の大きい航空路用とがある。VORはNDB無指向性無線標識施設)より精度がよいため、現在では航空路を構成する無線標識の主流となっている。[青木享起・仲村宸一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のVORの言及

【航空保安無線施設】より

…第2次大戦後は機上で自動的に電波のくる方向を知ることのできる自動方向探知機automatic direction finder(略称ADF)が開発され,パイロットは容易に地上のNDB局からの関係方位を知ることができるようになった。しかし,NDBは空電の影響を受けやすく,また悪天候の場合には指度が不正確になるという欠点があり,さらに性能のよいVORが開発されるとともに,現在では,この360度全方位を識別できるVORと距離を自動的に計測できる距離測定装置(DME)が航空路の主要施設となっている。また悪天候や夜間の着陸誘導装置についても,第2次大戦中にアメリカでGCAが開発されたのをはじめ,より確実な計器着陸装置(ILS)の実用化など電波の利用が進み,さらに航空交通管制システムにも種々のレーダーが導入され,航空保安施設の中で電波を利用した施設の比重は増大している。…

※「VOR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

VORの関連キーワードVHFブイエッチエフNOMANDBオムニサイドOMNIdirectional evolution《Euclides ob omni naevo vindicatus》non-directional radio beaconVHF 帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

VORの関連情報