X線スペクトル(読み)エックスせんスペクトル

百科事典マイペディア「X線スペクトル」の解説

X線スペクトル【エックスせんスペクトル】

連続スペクトルと線スペクトルがある。前者は加速された電子を対陰極に照射したとき発生するX線のスペクトル,あるいは対陰極にX線を照射したとき発生する蛍光X線のスペクトルで,スペクトルの最短波長は電子のエネルギーによって決まり,対陰極の物質によらない。後者は固有(特性)X線スペクトルといい,加速電子が対陰極の原子に衝突して内側の軌道電子をたたき出した後に外側の軌道電子が落ちこんで,両軌道のエネルギーの差が光子として放出されるもの。対陰極の元素に固有な波長をもちモーズリーの法則がなりたつ。
→関連項目X線X線分光分析バークラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「X線スペクトル」の解説

X線スペクトル
エックスせんスペクトル
X-ray spectrum

X線管などから放出されるX線の放出スペクトルと,連続X線が物質を通過したときの吸収スペクトルとがある。X線管からの放出スペクトルは,陽極制動放射された連続X線による連続スペクトル部分と,陽極物質の原子の特性X線による線スペクトル部分とから成る。吸収スペクトルは鋭い吸収端をもつ数個の連続スペクトルから成り,吸収端は吸収物質の特性X線の線スペクトルに一致する。この線スペクトルの構造はその物質の可視光線のスペクトルよりも単純であるから,物質の非破壊分析に用いられる。 (→ケイ光X線分析器 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「X線スペクトル」の解説

エックスせん‐スペクトル【X線スペクトル】

〘名〙 (スペクトルはspectre) 加速電子が試料物質と衝突する際生ずるX線の波長分布。連続的なエネルギーをもつものと、試料に含まれる元素に固有の波長のものとがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「X線スペクトル」の解説

エックスせん‐スペクトル【X線スペクトル】

物質にX線または電子線を当てたときに、物質から放出される電磁波スペクトル。組成分析に利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「X線スペクトル」の解説

X線スペクトル
エックスセンスペクトル
X-ray spectrum

[別用語参照]特性X線

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android