コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線顕微鏡 エックスせんけんびきょう X-ray microscope

2件 の用語解説(X線顕微鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

X線顕微鏡
エックスせんけんびきょう
X-ray microscope

X線を用いて物体内部の組織を調べる装置。X線の屈折率は1よりわずかに小さいので透過型のレンズはない。そこで,試料に感光剤を密着させX線を当てて写真を撮り,光学的に拡大する方法や,微小X線源からの発散X線を試料に当て,離れた位置にX線フィルムを置く方法などがとられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

X線顕微鏡
えっくすせんけんびきょう

光(可視光)のかわりにX線を用いる顕微鏡。顕微鏡の分解能、すなわち二つの点を見分けることのできる能力は、このとき用いる光の波長が小さいほど高くなる。このため、波長のきわめて短いX線(100オングストローム以下。1オングストロームは1億分の1センチメートル)を用いると、可視光線(その波長4000オングストロームぐらい)を用いたときより分解能はあがるはずである。しかし、X線に対する媒質の屈折率はほとんど1に近く、屈曲しにくい。このため、可視光線のような屈折率になるレンズを用いた顕微鏡をつくることは不可能であることから、種々のくふうがなされている。そのうち、反射型のX線顕微鏡は、X線が結晶表面にすれすれに入射したとき、表面で全反射することを利用する。これは、レンズというより、反射鏡(凹面鏡)を用いた顕微鏡ということができる。X線顕微鏡の分解能は種々の理由によってあまり向上せず、15ナノメートル程度である。収束した電子ビームターゲットに透過させ、それによる点光源X線を用いるX線顕微鏡も開発されており、透過型とよばれる。この装置に用いるX線は高強度であることが必要とされるため、放射光施設のX線が利用される。[大槻義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

X線顕微鏡の関連キーワード金相学ミクロトーム消息子駆水装置硬度計腎生検簾コリメーター骨密度計クーロン‐ナヴィエの破壊条件解剖 (dissection)

X線顕微鏡の関連情報