γ -グロブリン(読み)ガンマグロブリン

  • γ-globulin

化学辞典 第2版の解説

血清中に存在するグロブリンの一種で,電気泳動による移動距離がα-,β-グロブリンと異なるタンパク質である.γ-グロブリンはおもに分子量1.5×105イムノグロブリンであるが,そのほか10% のを含み分子量1×106α2-マクログロブリン,および3% の糖を含む分子量1.5×105γ2-グロブリンを含む.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

γ -グロブリンの関連情報