コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《葛の葉》 くずのは

世界大百科事典内の《葛の葉》の言及

【蘆屋道満】より

…《信田森女占(しのだのもりおんなうらかた)》(1713初演)においては,一条戻橋で待ち伏せた道満は,保名・晴明の親子を討ち取ろうとするが,逆にとらえられて首をはねられることになっている。さらに,〈信田妻〉系統の歌舞伎狂言の代表作で,《葛の葉》の名で知られる《蘆屋道満大内鑑(おおうちかがみ)》(竹田出雲作,1734初演)における道満は,はじめ道満(みちたる)の名で,安倍保名のライバルとして登場するが,三段目で発心剃髪して,道満(どうまん)と称し,陰陽道に専心することになる。四段目では,狐葛の葉と保名との間に生まれた童子と問答をし,その聡明さに感心して,童子を晴明と名づける人物として描かれている。…

※「《葛の葉》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《葛の葉》の関連キーワード蘆屋道満大内鑑・芦屋道満大内鑑豊竹 古靭太夫(初代)中村雀右衛門(3代)稲荷ずし(稲荷鮨)吉田文三郎(初代)吉田辰五郎(2代)恋や恋なすな恋蘆屋道満大内鑑芦屋道満大内鑑嵐小六(初代)関屋 敏子小林 ハル信太の森柳川検校葛の葉の竹田出雲こんかい蘆屋道満段合せ信太森

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android