コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いみじ イミジ

デジタル大辞泉の解説

いみ・じ

[形シク]《「い(忌)み」の形容詞化。忌まなければならないほどひどい、というところから》善悪ともに程度のはなはだしいさまにいう。
下にくる被修飾語の程度が並々でないさまを表す。はなはだしい。著しい。
「―・じく静かに公に御文奉り給ふ」〈竹取
「―・じき色好みを、かくあからめさせ奉らぬこと」〈宇津保・俊蔭〉
被修飾語に当たる具体的内容が省略され、文脈から補わなければならない場合。
㋐(望ましいものについて)たいそうすばらしい。たいそううれしい。すぐれている。
「―・じからむ(=ウレシイトイウヨウナ)心地もせず、悲しくのみある」〈竹取
「―・じき(=スグレタ)絵師といへども筆限りありければ」〈・桐壺〉
㋑(望ましくないものについて)たいそうつらい。ひどく悲しい。すさまじい。ものすごい。
「世の中に―・じき(=悲シイ)目見給ひぬべからむ時」〈宇津保・俊蔭〉
「右近は…泣きまどふさまいと―・じ(=ヒドイモノダ)」〈・夕顔〉
[補説]上代語にはなく、中古の和文に多く用いられる。また、漢文訓読語では「はなはだ」「きわめて」が用いられ、「いみじ」の使用はない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

いみじの関連キーワード掻い遣る・搔い遣る法師為り・法師成り香がゆ・聞がゆ踏みごほめかす噦りもよよいみじくも揺るぎ歩く降り暮らすこほめかす干し敢ふ被修飾語心地無し繊弱やか誇らかす思ひ湿る忍び窶す歩み歩く冴え凍る物慎まし時を奏す

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android