コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いみじ イミジ

1件 の用語解説(いみじの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いみ・じ

[形シク]《「い(忌)み」の形容詞化。忌まなければならないほどひどい、というところから》善悪ともに程度のはなはだしいさまにいう。
下にくる被修飾語の程度が並々でないさまを表す。はなはだしい。著しい。
「―・じく静かに公に御文奉り給ふ」〈竹取
「―・じき色好みを、かくあからめさせ奉らぬこと」〈宇津保・俊蔭〉
被修飾語に当たる具体的内容が省略され、文脈から補わなければならない場合。
㋐(望ましいものについて)たいそうすばらしい。たいそううれしい。すぐれている。
「―・じからむ(=ウレシイトイウヨウナ)心地もせず、悲しくのみある」〈竹取
「―・じき(=スグレタ)絵師といへども筆限りありければ」〈・桐壺〉
㋑(望ましくないものについて)たいそうつらい。ひどく悲しい。すさまじい。ものすごい。
「世の中に―・じき(=悲シイ)目見給ひぬべからむ時」〈宇津保・俊蔭〉
「右近は…泣きまどふさまいと―・じ(=ヒドイモノダ)」〈・夕顔〉
[補説]上代語にはなく、中古の和文に多く用いられる。また、漢文訓読語では「はなはだ」「きわめて」が用いられ、「いみじ」の使用はない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

いみじの関連情報