コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いもち病(リードカナリーグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(リードカナリーグラス)

暖地で発生が多い斑点性の糸状菌病。病斑は短い紡錘形で、灰白色、周縁部は褐色となることが多い。大きさは長さ2-5mm程度であるが、激発すると病斑が融合し、葉全体を枯らす。病原菌はイネいもち病菌と同種であるが、寄生性については不明である。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

いもち病(リードカナリーグラス)の関連キーワードコシヒカリとコシヒカリBLGMイネとディフェンシンいもち病(トウモロコシ)いもち病(ライグラス)いもち病(シコクビエ)いもち病(フェスク)リン脂質生合成阻害剤メラニン生合成阻害剤ブラストサイジンSいもち病(稲熱病)コシヒカリとBL米ケイ(珪)酸肥料プロベナゾールカスガマイシンコシヒカリBL農用抗生物質寛永の飢饉有機水銀剤植物病理学ささにしき

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android