コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いもち病(飼料イネ)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(飼料イネ)

飼料イネの栽培とともに九州を中心に発生が確認されている糸状菌病。葉に初め灰緑色、水浸状の病斑を形成し、後に周縁部褐色の紡錘形病斑となり、激しい葉枯を引き起こす。病斑の大きさは長さ2〜10mm、幅1〜3mm程度。飼料イネ品種には抵抗性が導入されていることが多いが、病原菌のレース分化に注意が必要である。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

いもち病(飼料イネ)の関連キーワードいもち病(リードカナリーグラス)コシヒカリとコシヒカリBLいもち病(トウモロコシ)GMイネとディフェンシンいもち病(ライグラス)いもち病(シコクビエ)いもち病(フェスク)メラニン生合成阻害剤リン脂質生合成阻害剤ブラストサイジンSいもち病(稲熱病)コシヒカリとBL米ケイ(珪)酸肥料カスガマイシンプロベナゾールコシヒカリBL農用抗生物質有機水銀剤寛永の飢饉植物病理学

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android