コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いもち病(飼料イネ)

1件 の用語解説(いもち病(飼料イネ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

いもち病(飼料イネ)

飼料イネの栽培とともに九州を中心に発生が確認されている糸状菌病。葉に初め灰緑色、水浸状の病斑を形成し、後に周縁部褐色の紡錘形病斑となり、激しい葉枯を引き起こす。病斑の大きさは長さ2〜10mm、幅1〜3mm程度。飼料イネ品種には抵抗性が導入されていることが多いが、病原菌レース分化に注意が必要である。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いもち病(飼料イネ)の関連キーワード都城盆地ラインラント筑紫楽米作盲僧飼料用イネイネ発酵粗飼料雨宮竹輔麦角病(ソルガム・スーダングラス)稲こうじ病(飼料イネ)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone