コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うねる ウネル

デジタル大辞泉の解説

うね・る

[動ラ五(四)]《名詞「うね(畝)」の動詞化》
道などが右に左に曲がりくねる。また、曲がりくねりながら進む。「山道が―・る」
「帰りには二三間―・って、植込の陰を書斎の方へ戻って来た」〈漱石虞美人草
山脈や波などが緩やかな曲線を描いて上下する。また、そのような状態で続く。「余波で海が大きく―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

うねるの関連キーワードサン・カルロ・アレ・クァトロ・フォンターネ聖堂食道、胃、腸のしくみとはたらき練り歩く・練歩く・邌り歩くドライブ[drive]フダンソウ(不断草)ヤマボウシ(山法師)ジェロニモス修道院サイドワインダースロッシング現象パルミジアニーノドラムンベースツノクサリヘビなかしまみゆきのたりのたりクリハラン杉村治兵衛ローリング西沢立衛北川原温フックス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うねるの関連情報