コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うねる ウネル

デジタル大辞泉の解説

うね・る

[動ラ五(四)]《名詞「うね(畝)」の動詞化》
道などが右に左に曲がりくねる。また、曲がりくねりながら進む。「山道が―・る」
「帰りには二三間―・って、植込の陰を書斎の方へ戻って来た」〈漱石虞美人草
山脈や波などが緩やかな曲線を描いて上下する。また、そのような状態で続く。「余波で海が大きく―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

うねるの関連キーワードサン・カルロ・アレ・クァトロ・フォンターネ聖堂食道、胃、腸のしくみとはたらき練り歩く・練歩く・邌り歩くドライブ[drive]フダンソウ(不断草)ヤマボウシ(山法師)ジェロニモス修道院サイドワインダースロッシング現象パルミジアニーノドラムンベースツノクサリヘビなかしまみゆきのたりのたりローリングクリハラン杉村治兵衛北川原温西沢立衛フックス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うねるの関連情報