コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄せる ヨセル

デジタル大辞泉の解説

よ・せる【寄せる】

[動サ下一][文]よ・す[サ下二]
近づく。寄る。また、攻めて近くに迫る。「波が岸辺に―・せる」「敵勢が―・せて来る」
(普通「よせてもらう」「よせていただく」の形で)訪問する意のへりくだった言い方。「今夜―・せてもらいます」
ある物を別の物の近くへ寄らせる。近づける。「耳へ口を―・せて話す」「肩を―・せる」「北へ―・せて家を建てる」
1か所に集める。まとめて一緒にする。「客を―・せる」「額にしわを―・せる」「義援金が―・せられる」
意見・情報などを送り届ける。手紙・文章などを送る。提供する。「回答を―・せる」「便りを―・せる」
数を加える。足す。寄せ算をする。「二と二を―・せると四になる」
愛情・興味・好意などの気持ちをいだく。思いをかける。「同情を―・せる」「思いを―・せる」
頼って一時的に世話になる。「友人宅に身を―・せる」
あることに関係づける。かこつける。「他人のことに―・せて文句を言う」
10 寒天葛(くず)ゼラチンなどで、魚のすり身・卵・豆などの材料を固めたり、形づくったりする。
11 おしつける。
「諸(もろもろ)の神(かむたち)罪過(つみ)を素戔嗚尊(すさのをのみこと)に―・せ」〈神代紀・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よせる【寄せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 よ・す
物を、ある場所、ある側に近づける。 「家具を隅に-・せる」 「車を路肩に-・せて止める」
自分の体の一部を他のものに近づける。 「耳もとに口を-・せてささやいた」 「額を-・せて相談する」
ある人に対して好意や同情の気持ちをもつ。 「同情が-・せられた」 「思いを-・せる」 「信頼を-・せる」
ある中心的な一点に物などを移動させる。
多くの物を、ある一点に集める。 「苗木に土を-・せる」 「部品を-・せ集めて組み立てる」
情報・意見などを手紙などで伝える。 「番組についての御意見をお-・せください」 「信書を-・せる」 「手記を新聞に-・せる」
物を贈る。また、寄付・寄進する。 「全国から-・せられた義捐金」 「勝ち給はむ方に花を-・せてむ/源氏 竹河
他人を自分の家に立ち寄らせる。主に「寄せてもらう」の形で用いる。関西風の言い方。 「せっかくですから、-・せてもらいます」
足し算をする。足す。 「二に三を-・せると五だ」 「兄弟の収入を-・せても父にかなわない」
まかせる。ゆだねる。 「親戚の家に身を-・せる」
あるものに関係づける。よそえる。ことよせる。かこつける。 「他人のことに-・せて子供の自慢をする」 「花言葉に-・せて恋心を伝える」
波・群衆・軍勢などが、ある地点に近づく。 「 - ・せては返す波」 「 - ・せ来る敵」
男女の仲について、ある人に関係づけて言う。言ことよせる。 「真間の手児名をまことかも我に-・すとふ/万葉集 3384」 〔「寄る」に対する他動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寄せるの関連キーワード馬のシッポ ぶたのシッポ寄らば大樹の陰八の字を寄せるチップショット心が引かれる目を付ける依網・依羅木楯・小楯托生・託生心を傾けるタイバック掻い繰る差し寄す非性愛者老いの波情が移る囮・媒鳥山路が笛繰寄せるギャザー

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄せるの関連情報