コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおば比呂司 オオバヒロシ

デジタル大辞泉の解説

おおば‐ひろし〔おほば‐〕【おおば比呂司】

[1921~1988]漫画家北海道の生まれ。兵役、新聞社勤務を経て、新聞や雑誌に数多くの作品を発表。温かくほのぼのとしたタッチが幅広い層に愛され、挿絵食品のパッケージデザインなどでも活躍した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おおば比呂司 おおば-ひろし

1921-1988 昭和時代後期の漫画家。
大正10年12月17日生まれ。北海道新聞図案課勤務などののち,昭和33年に上京し漫画家となる。新聞・雑誌の漫画やイラスト,小説の挿絵,商業デザインなどで幅ひろく活躍。飛行機マニア,食通としても知られた。昭和63年8月18日死去。66歳。北海道出身。本名は大場博司。著作に「私の航空博物館」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

おおば比呂司の関連キーワードおおば 比呂司

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android