コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お六櫛 オロクグシ

3件 の用語解説(お六櫛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おろく‐ぐし【お六×櫛】

長野県木曽郡藪原(やぶはら)の名物のすき櫛。黄楊(つげ)などで作り、歯が細く、密で長い。江戸中期にお六という女性が作り広めたという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

お六櫛

1935年公開の日本映画。監督・脚本:伊藤大輔、原作:正木不如丘、撮影:吉田清太郎。出演:月田一郎、歌川絹枝、山田五十鈴中野英治、田村邦男、夏川大二郎ほか。時代劇。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お六櫛
おろくぐし

女性が調髪に用いる木製のすき櫛の一種。形は角丸形で、材はツゲである。この名のおこりは、江戸時代木曽(きそ)街道藪原(やぶはら)近くに住んでいたお六という娘に由来している。お六が脳を患ったとき、木曽御嶽山(おんたけさん)のお告げでツゲの櫛を挿して全快したが、そのご利益(りやく)にあやかろうと藪原を中心に近辺の茶屋で、木曽名物のツゲのすき櫛が売り出されたという。またお六は、方言でふけのことをオロコというのが訛(なま)ったものともいわれる。いずれにせよ、すき櫛はふけをとるために用いるものであり、木曽にはツゲが多いところから、名物となったものであろう。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のお六櫛の言及

【木祖[村]】より

…飛驒山脈南東端の木曾川源流域に位置する。JR中央本線,国道19号線が通る中心の藪原は近世に中山道の宿駅として栄えた地で,本陣,脇本陣などが置かれ,特に木櫛(お六櫛)の製造で知られた。村域の大部分は山林・原野で傾斜地にわずかに開かれた耕地では,冷涼な気候を利用して野菜が栽培され,また牛の飼育も盛ん。…

※「お六櫛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

お六櫛の関連キーワードホタル首の座社葬OUT119美しい夏キリシマ白い手スパイ・ゾルゲ橋のない川真昼の暗黒

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お六櫛の関連情報