コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こそこそ コソコソ

デジタル大辞泉の解説

こそ‐こそ

[副](スル)
人目につかないように物事をするさま。こっそり。「こそこそ(と)出ていく」「陰でこそこそするな」
物が軽くすれ合ったりして、かすかに音のするさま。かさこそ。
「手を―とすりて」〈宇治拾遺・一〇〉
くすぐるさま。こちょこちょ。
「ちとこそぐりませう。―、―」〈虎寛狂・子盗人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こそこそ

( 副 ) スル
人に知られないように内密にするさま。そっと。 「 -(と)逃げ出す」 「 -(と)相談する」
静かに音のするさま。 「谷より岸のうへざまに-と登りぬ/宇治拾遺 6
くすぐるさまを表す語。こちょこちょ。 「ちとこそぐりませう。-/狂言・子盗人 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こそこその関連キーワード祖・俎・咀・塑・措・楚・狙・疎・疏・礎・祖・祚・租・粗・素・組・蘇・訴・遡・阻・鼠ステルスマーケティングスニークプレビュースニーカーズこそこそ泥棒だいたひかるこそこそ三里ちょぼくさ大手を振る小杉まりも囁き千里くすくす這ひ隠るこそめく澤部佑こそ泥鼠根性蠢動囁く狐狸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こそこその関連情報