コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さくら銀行 さくらぎんこう

2件 の用語解説(さくら銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さくら銀行
さくらぎんこう

三井住友銀行の前身。 1990年に太陽神戸銀行三井銀行が合併して太陽神戸三井銀行となり,92年に行名変更。法人預金と社債受託など証券業務に強みをみせる三井銀行と,一般預金など大衆分野に強みをみせる太陽神戸銀行の合併により,資金量は都市銀行中第2位,国内店舗数は最大となり,三井グループメインバンクとしての役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

さくら銀行
さくらぎんこう

都市銀行の旧名称。1990年(平成2)4月に三井銀行と太陽神戸銀行が対等合併し、太陽神戸三井銀行が発足、92年4月に「株式会社さくら銀行」に商号変更した。神戸銀行という阪神地域に基盤をもつ都市銀行と、日本相互銀行から発展した太陽銀行が合併、太陽神戸銀行となり(1973年)、さらに三井グループの中心である三井銀行が合併、それぞれの銀行の特色を相互に補完しあうものであった。東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)と並び、日本を代表する総合金融機関としてフルラインの業務を提供し、また1995年の阪神・淡路大震災時に地元の金融機関として積極的に対応するなど、マネーセンターバンクとしてだけでなく、阪神に地盤をもつ金融機関としても注目された。1999年に住友銀行と将来の統合を前提とした全面提携の実施に合意し、2001年4月、同銀行と合併、三井住友銀行となった。なお、合併前のさくら銀行は2001年3月末現在で預金量は36兆6250億円、国内店舗323、海外支店10、資本金1兆0427億円、従業員数1万3632であった。[村本 孜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくら銀行の関連キーワード都市銀行三井住友銀行松下康雄SMBC CARD Suica三井住友銀聯カードさくら銀行[株]河野一之末松謙一太陽神戸三井銀行[株]三井住友フィナンシャルグループ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さくら銀行の関連情報