コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝斑 かんぱんchloasma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肝斑
かんぱん
chloasma

俗にしみという。顔面,特に最も強く日光を受ける部位である前額眉毛直上,頬,上口唇部などに左右対称性に生じる,境界の比較的鮮明な褐色色素沈着斑。斑の形状はさまざまで,自覚症状はない。化粧品を多用する思春期以降の女性に多発する傾向があり,妊娠とか日光照射によって悪化する。原因はまだ十分解明されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぱん【肝斑】

皮膚、特に顔面にできる褐色の斑紋。女性に多い。しみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

肝斑【かんぱん】

しみ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かんぱん【肝斑】

顔面にできる褐色の色素斑。多く、成人女子に現れる。褐色斑。しみ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肝斑
かんぱん

俗称しみ。おもに30歳以後の女性の顔面、すなわち前額、頬骨(きょうこつ)(ほお骨)、鼻背(はなすじ)、口囲部などで左右対称性に生ずる色素斑。境界鮮明な褐色斑をいい、点状ないし斑状を呈する。病理組織学的には、表皮基底層におけるメラニンの増加が認められる。月経時や妊娠時に発生、増悪(ぞうあく)をみる例が多く、原因としては卵胞ホルモンなどの内分泌による影響が考えられている。治療としては、ビタミンCの内服、直射日光を避けることなどが行われるが、一般に難治である。しかし、ときに自然治癒もある。[山田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の肝斑の言及

【しみ】より

…顔面,とくに眼の付近の前額部,頰部などにみられる褐色ないし灰褐色の色素斑で,肝斑とも呼ばれるが,肝機能障害との関係はない。色素斑の境界は比較的鮮明で,種々の形をとるが,発赤,搔痒(そうよう)感(かゆみ)などの炎症症状を伴わない。…

※「肝斑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肝斑の関連キーワードおもな皮膚病変の俗名と学名皮膚のしくみとはたらき美容皮膚医療トランシーノ染み・肝斑ビタミンCソバカス血の道皮膚シミ染み

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肝斑の関連情報