しゃんす(読み)シャンス

デジタル大辞泉の解説

しゃん‐す[名]

《「相思」の唐音から》(長崎地方で)恋人。情人。
「あんたの―は神変(じんべん)来たばいな」〈民謡・ぶらぶら節〉

しゃんす[助動]

[助動][しゃんせ|しゃんし|しゃんす|しゃんす|しゃんすれ|しゃんせ]《尊敬・丁寧の助動詞「しゃます」の音変化》四段・ナ変動詞の未然形に付いて、丁寧の意を伴った尊敬の意を表す。なさいます。
「明日は疾(と)うから礼に出さしゃんせ」〈浄・油地獄
[補説]主として近世期、上方で遊里を中心に行われた女性語。→さしゃんすさんす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃんす

〔「相思」の唐音から。近世長崎方言〕
恋人・情人をいう。 「おまへよかはたわしよふりすてて、よんによう-とちぎらんす/滑稽本・膝栗毛 6

しゃんす

( 助動 ) ( しやんせ ・しやんし ・しやんす ・しやんす ・しやんすれ ・しやんせ )
〔尊敬の助動詞「しゃます」の転。近世上方語。主に遊里の女性が用いた〕
四段活用・ナ行変格活用の動詞の未然形に接続する。動作の主体に対する尊敬の意を表す。…なさいます。お…になります。 「さが様ちとお目借ろと耳に口寄せ、内儀様の言はしゃんす/浄瑠璃・氷の朔日 」 「兄様、戻らしゃんしたかえ/歌舞伎・男伊達初買曽我」 「胸の中なる悪心が、その身を責むると諦めて、潔う死なしゃんせ/浄瑠璃・無間鐘」 → さしゃんす(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android