しゅく

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅく

〘名〙 =しょう(升)
※壒嚢鈔(1445‐46)三「一升二升を一シュク二シュクと云人あり。升には全くシクの音なし。字を誤て、の字と思へる歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しゅくの関連情報