しょんぼり

精選版 日本国語大辞典 「しょんぼり」の意味・読み・例文・類語

しょん‐ぼり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) 元気なくしおれているさま、意気消沈したさま、わびしくさびしそうなさまを表わす語。しょぼり。しょんぼ。
※虎明本狂言・靫猿(室町末‐近世初)「ひんだのよこたの若なへをしょんぼりしょんぼりとうへたもの」
浄瑠璃信州川中島合戦(1721)道行「跡には夫婦しょんぼりと、身をくやみたるかこち泣き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「しょんぼり」の意味・読み・例文・類語

しょんぼり

[副](スル)元気がなく、さびしそうなさま。「試合に負けてしょんぼり(と)帰る」「しょんぼり(と)した後ろ姿
[類語]ぽつねんと悄然意気消沈しおしおすごすごしょぼしょぼしょぼくれるしょぼたれるしょぼんとしゅん意気阻喪落胆がっかりがっくりげっそり失望絶望失意幻滅脱力虚脱・失墜感・気落ち気抜け拍子抜け力抜け腑抜け力落とし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android