悄悄(読み)しょうしょう

精選版 日本国語大辞典「悄悄」の解説

しょう‐しょう セウセウ【悄悄】

〘形動タリ〙
① 元気を失ってしおれるさま。心をいためてしずむさま。しおしお。すごすご。
※新撰朗詠(12C前)下「巴峡の雨の中に々たるに息(や)むぬ〈謝観〉」 〔経‐小雅・出車〕
② 静かなさま。ものさびしいさま。また、詞的に用いて、ひそかに。こっそりと。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)四「因(よっ)てはやがけといへども悄(セウ)々地に通る」 〔杜甫‐苦雨奉寄隴西公詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悄悄」の解説

しょう‐しょう〔セウセウ〕【××悄】

[ト・タル][文][形動タリ]
元気がなく、うちしおれているさま。悄然。「悄悄として引き返す」
静かでもの寂しいさま。

すご‐すご【××悄】

[副]気落ちして元気がないさま。また、元気なくその場をたち去るさま。「勝負に敗れて悄悄(と)退場する」
[類語]しょんぼりぽつねんと悄然意気消沈しおしおしょぼしょぼしょぼくれるしょぼたれるしょぼんとしゅん意気阻喪落胆がっかりがっくりげっそり失望絶望失意幻滅脱力虚脱・失墜感・気落ち気抜け拍子抜け力抜け腑抜け力落とし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「悄悄」の解説

【悄悄】しようしよう(せうせう)

憂えなやむさま。〔詩、小雅、出車〕憂心悄悄として 僕夫況(ここ)に瘁(かな)しむ

字通「悄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android