悄然(読み)しょうぜん

精選版 日本国語大辞典「悄然」の解説

しょう‐ぜん セウ‥【悄然】

〘形動ナリ・タリ〙
① 雰囲気がものさびしいさま。ものしずかなさま。
※正法眼蔵(1231‐53)道得「山中の消息然なり」 〔長恨歌伝〕
② しおれて元気のないさま。しょんぼり憂いに沈んでいるさま。
※和漢朗詠(1018頃)下「夕殿に蛍飛んで思ひ悄然たり 秋の燈挑げ尽していまだ眠ることあたはず〈白居易〉」
草枕(1906)〈夏目漱石〉一〇「悄然として萎れる雨中の梨花には」 〔文中子‐魏相〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悄然」の解説

しょう‐ぜん〔セウ‐〕【×悄然】

[ト・タル][文][形動タリ]
元気がなく、うちしおれているさま。しょんぼり。「悄然たる後ろ姿」「悄然としてうつむく」
ひっそりと静かなさま。
「―として声なし」〈太平記・三七〉
[類語]しょんぼりぽつねんと意気消沈しおしおすごすごしょぼしょぼしょぼくれるしょぼたれるしょぼんとしゅん意気阻喪落胆がっかりがっくりげっそり失望絶望失意幻滅脱力虚脱・失墜感・気落ち気抜け拍子抜け力抜け腑抜け力落とし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「悄然」の解説

【悄然】しよう(せう)ぜん

悄焉・白居易〔長恨歌〕 夕殿螢(ほたる)飛んで、思ひ悄然たり 燈挑(かか)げ盡して、未だ眠りをさず

字通「悄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android