コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悄然 ショウゼン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぜん〔セウ‐〕【×悄然】

[ト・タル][文][形動タリ]
元気がなく、うちしおれているさま。しょんぼり。「悄然たる後ろ姿」「悄然としてうつむく」
ひっそりと静かなさま。
「―として声なし」〈太平記・三七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぜん【悄然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
心にかかることがあって元気がないさま。 「 -と去る」 「色青ざめて-と立つて居る/良人の自白 尚江
ひっそりして寂しいさま。 「 -としてまつ所に玉妃いでたまふ/曽我 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

悄然の関連キーワード余喘を保つ文相撲トタル悄悄萎萎孤影

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android