意気消沈(読み)いきしょうちん

四字熟語を知る辞典「意気消沈」の解説

意気消沈

元気をなくして、しょげること。意気込みがおとろえること。

[活用] ―する。

[使用例] あの頑固なのが意気銷沈して居る所は[夏目漱石吾輩は猫である|1905~06]

[使用例] 日本にかえって来ると、意気消沈してしまって、別人のようだと呆れられた[丹羽文雄*魂の試される時|1978]

[類語] 意気阻喪

[対義] 意気揚揚

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「意気消沈」の解説

いき‐しょうちん〔‐セウチン〕【意気消沈/意気×銷沈】

[名](スル)意気込みがすっかり衰えること。元気がなくなること。意気阻喪いきそそう。「惨敗して―する」
[類語]しょんぼりぽつねんと悄然しおしおすごすごしょぼしょぼしょぼくれるしょぼたれるしょぼんとしゅん意気阻喪落胆がっかりがっくりげっそり失望絶望失意幻滅脱力虚脱・失墜感・気落ち気抜け拍子抜け力抜け腑抜け力落とし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android