意気消沈(読み)いきしょうちん

四字熟語を知る辞典「意気消沈」の解説

意気消沈

元気をなくして、しょげること。意気込みがおとろえること。

[活用] ―する。

[使用例] あの頑固なのが意気銷沈して居る所は[夏目漱石吾輩は猫である|1905~06]

[使用例] 日本にかえって来ると、意気消沈してしまって、別人のようだと呆れられた[丹羽文雄の試される時|1978]

[類語] 意気阻喪

[対義] 意気揚揚

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「意気消沈」の解説

いき‐しょうちん〔‐セウチン〕【意気消沈/意気×銷沈】

[名](スル)意気込みがすっかり衰えること。元気がなくなること。意気阻喪いきそそう。「惨敗して—する」
[類語]しょんぼりぽつねんと悄然しおしおすごすごしょぼしょぼしょぼくれるしょぼたれるしょぼんとしゅん意気阻喪落胆がっかりがっくりげっそり失望絶望失意幻滅脱力虚脱・失墜感・気落ち気抜け拍子抜け力抜け腑抜け力落とし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android