コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たてがみ(鬣) たてがみ mane

翻訳|mane

1件 の用語解説(たてがみ(鬣)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たてがみ【たてがみ(鬣) mane】

哺乳類の頭頂から肩近く,あるいはさらに後ろまで,背すじを中心に生える,他の部分の毛よりはっきりと長い毛の一群で,他の部分の毛流に逆らい直立していることが多い。ウマ,ロバ,シマウマキリンのように首の背面正中線付近に限局されるもの,ツチハイエナ,イボイノシシのように背すじまで延びるもの,雄ライオンのように首の側面や下面まで広がっているものなどがある。多くは雄雌に関係なくあるが,ライオンのように雄の成獣にだけあり,二次性徴になっているものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

たてがみ(鬣)の関連キーワード齧歯類食虫類頭頂葉有蹄類有鱗類頭頂日本哺乳類学会胚盤胞非霊長哺乳類海産哺乳類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone