コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だろう ダロウ

デジタル大辞泉の解説

だろ◦う〔だらう〕

[連語]《断定の助動詞「だ」の未然形+推量の助動詞「う」》不確かな断定、あるいは推定の意を表す。「彼はきっと成功する―◦う」「むこうの山が南アルプス―◦うか」→のだろう
[補説]現代語では、主に「う」「よう」が話し手の意志を表すのに対し、「だろう」は広く用言に接続して推量を表すのに用いられる。「だろう」を一語の助動詞とみる説もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だろう

( 連語 )
〔断定の助動詞「だ」の未然形「だろ」に推量の助動詞「う」の付いたもの〕
体言およびそれに準ずるもの、副詞、動詞・形容詞および一部の助動詞の終止形に接続する。
話し手の推量や想像などを表す。 「今夜は冷えこむ-・う」 「この痛みも今がとうげ-・う」 「みんな入学式に行くの-・う」
疑問詞や終助詞「か」を伴って、疑問や反語の意を表す。 「到着するのは何時ごろ-・う」 「こんな調子で今月中に出来上がる-・うか」 「そんな話ってある-・うか」
仮想の事柄であることを表す。 「彼のことだ。立派にやりとげる-・うことはまちがいない」
(「だろうに」の形で)事実に反する仮想を述べる。 「もう少しがんばれば、何とかなった-・うに」
(多く上昇調のイントネーションを伴って)相手に対して、念を押したり同意を求めたりする気持ちを表す。 「今になってそんな事を言ったら、僕が困る。君だって男-・う」 〔 (1) 現代語では、助動詞「う・よう」がもっぱら意志を表す用法に限られてきているのに対して、「だろう」は推量を表す言い方として一般に用いられる。 (2) 助動詞「だ」は体言に接続するだけで、活用語に付かないのに対して、「だろう」は体言にも活用語にも接続する。 (3) 「だろう」は、右のように、独自の意味・用法をもつに至っているので、これを一語の助動詞として扱う立場もある。 (4) 「だろう」の成立は近世江戸語においてである〕

だろう

( 連語 )
〔過去の助動詞「だ」の未然形に推量の助動詞「う」の付いたもの〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

だろうの関連キーワード御釈迦様でも気がつくまいスペインのことわざよもやに引かされる言うに事を欠いて如何にや如何に遅かれ早かれ人もあろうにどうかと思う然もありなん如何にぞや今生の別れ南アルプスんだろう疑い無く日ならず遠からず菱川友宣敗北主義花が咲くだんべい

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だろうの関連情報