コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とげ(棘) とげ

2件 の用語解説(とげ(棘)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

とげ(棘)【とげ】

植物では植物体から突出して先端が鋭くとがった硬い木質のものの総称で,針ともいう。その成り立ちによって茎針(カラタチサイカチ),葉針(ニセアカシア,メギ),根針(ヤシ科の一部)と区別するほか,毛状体に属するもの(バラ,タラノキ)もある。
→関連項目つる(蔓)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とげ【とげ(棘)】

(1)植物のとげprickle 植物体の表面に突出した硬い突起物の総称。形態上の単位ではなく,外見上の類似でまとめた呼名だからいろいろのものが含まれる。植物体の表面に突出する付属物のうち,表皮起源で軟らかいものを毛状体emergenceと呼ぶが,毛状体と総称される毛や鱗片のうちでも,ヘゴの葉柄基部につく鱗片の基部のように,細胞が数列並び,壁が肥厚して硬くなったものはとげと呼ばれる。毛状体以外の突出物で硬い組織をもつものを一般にとげというが,このうちには形態上の単位としてはさまざまのものが含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone