コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にかわ(膠) にかわ

百科事典マイペディアの解説

にかわ(膠)【にかわ】

粗製のゼラチン。動物の皮,腱(けん),結合組織,骨等を石灰水に浸して煮沸,浸出し,さらに濃縮,乾燥したもの。魚類から得たものを魚膠(ぎょこう)というが,品質は獣膠より劣る。木材,紙,布等の接着剤として古くから使用されてきたが,合成樹脂接着剤の登場によって需要は急減した。
→関連項目岩絵具漆絵金銀泥絵接着剤礬水墨汁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android