コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばや バヤ

デジタル大辞泉の解説

ばや[終助]

[終助]動詞・動詞型活用の助動詞の未然形に付く。
話し手自身の願望を表す。…たらなあ。…たい。
「これをかの北の方(かた)に見せ奉ら―」〈かげろふ・中〉
話し手自身の意志を表す。…う。…よう。
「舟が出で候。急ぎ乗ら―と存じ候」〈謡・隅田川
(多くは「あらばや」の形で、反語的に用いて)強い打消しを表す。…だろうか、いや、まったくそうではない。
「百や千の愁ひにてあら―」〈中華若木詩抄・中〉
[補説]未然形に付く接続助詞「ば」に係助詞(間投助詞とも)「や」の付いて一語化したもので、平安時代になって成立した語。あつらえの「なむ」が他に対する願望を表すのに対し、「ばや」は自己の願望を表す。2は中世以降の用法で、「む」に近い。3は「ばこそ2㋐」に代わる室町時代の用法

ば‐や[連語]

[連語]《接続助詞「ば」+係助詞「や」》
未然形に付いて、「ば」が仮定条件、「や」が疑問の意を表す。もし…なら…だろうか。
「心あてに折ら―折らむ初霜の置き惑はせる白菊の花」〈古今・秋下〉
已然形に付いて、「ば」が確定条件、「や」が疑問の意を表す。…だから…のだろうか。…ので…か。
「わが宿の花踏みしだく鳥うたむ野はなけれ―(=野ハ花ガナイカラ)ここにしも来る」〈古今・物名〉
[補説]和歌に多くみられる。1は、疑問を表すか否かによって終助詞「ばや」と区別される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばや

( 終助 )
〔接続助詞「ば」に助詞「や」の付いたものから〕
活用語の未然形に接続する。
話し手自身の希望を表す。…したいものだ。 「かかる所に思ふやうならむ人をすゑて住ま-/源氏 桐壺」 「世の中に物語といふ物のあんなるを、いかで見-と思ひつつ/更級」
ある状態の実現を希望する意を表す。…であってほしい。 「出づればやがて小幡山、馬はあら-徒歩かちにても、君をおもへばゆくぞとよと/平治 下・古活字本
(多く「あらばや」の形で用いられて)強い否定の意を表す。…どころか、全く…ない。 「云た事をきかぬほどに周の粟をくひ事があら-とて食はざるぞ/史記抄 10」 〔語源について、「や」は、本来、疑問の係助詞とみる説や詠嘆の間投助詞とみる説がある〕 → ばや(連語)

ばや

( 連語 )
〔接続助詞「ば」に間投助詞「や」の付いたもの〕 活用語の已然形に接続する。「ば」は確定条件を表し、「や」は詠嘆の意を表す。 「すくすくと我がいませ-木幡の道に逢はしし嬢子おとめ/古事記
〔接続助詞「ば」に係助詞「や」の付いたもの〕
活用語の未然形に接続する。
「ば」は仮定条件を表し、「や」は疑問の意を表す。…したら…か。…したら…であろうか。 「心あてに折ら-折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花/古今 秋下
文末にあって、反語的否定を表す。 「酒はのませたし銭はあら-、詩を作て酒にかへて淵明に酒をめたとのませた也/中華若木詩抄」
活用語の已然形に接続する。「ば」は確定条件を表し、「や」は疑問を表す。…だから…か。…だから…なのだろうか。 「思ひつつぬれ-人の見えつらむ夢と知りせばさめざらましを/古今 恋二

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ばやの関連キーワード山口県下関市有冨巻き立て・巻立てとりかへばや物語山口県下関市延行中華若木詩抄金吾中納言新高山城跡骨髄を砕く聞き放つ接続助詞三原城跡樺山三円紅葉の橋引き別る喧嘩早いへんば餅階だゆふ夏引きの高山城跡故沢里慶

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ばやの関連情報