びく

精選版 日本国語大辞典「びく」の解説

びく

〘名〙
① 縄を編んで作った、物を盛って運搬する道具。畚(ふご)の類。〔書言字考節用集(1717)〕
② (魚籠) 取ったを入れるための器。籠びく、箱びく、びく、網びくなど種類が多い。魚籃(ぎょらん)
※雑俳・俳諧觿‐一三(1797)「夕日の潜る尾久のしら魚」

びく

〘名〙
① 耳たぶ。耳朶(じだ)
※太平記(14C後)九「徳つけ奉らんと思ひたれば、耳のびくが薄く坐しけると欺いて、空笑してこそ返しけれ」
② 牛の首の垂れ下がった部分。また、鶏の両頬の垂れ下がった部分。〔名語記(1275)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「びく」の解説

【微】びく

賤しい身。・王昌齢〔武陵の田太守に答ふ 劍に仗(よ)りて、千里に行く 一言に感ず 曾(かつ)て大梁の客と爲る 信陵(君)の(そむ)かず

字通「微」の項目を見る

【糜】びく

粉骨砕身。唐・李商隠〔白従事の為に陳許李尚書に上(たてまつ)る〕感、肌骨(きこつ)に深く、戴くこと丘山よりも重し。未だ投刺(とうし)(名刺を通じる)のを伸べざるに、已に糜誓ひを定めたり。

字通「糜」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android