コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぴらぴら ピラピラ

デジタル大辞泉の解説

ぴら‐ぴら

[副](スル) 紙片など、薄いものが小刻みに揺れ動くさま。「合格通知をぴらぴら(と)させる」
[名]
紙片など、のように動く薄いもの。「はさんであるぴらぴらをなくさないように」
若い女。娘。
「其―が段々近くなると思ひねえ」〈滑・和合人
ぴらぴら簪(かんざし)」の略。
「このごろさす―か緋あふぎの簪(かんざし)の事かえ」〈洒・意妓の口〉
[アクセント]ラピラ、はピラピラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴらぴら

[1] ( 副 ) スル
(「と」を伴っても用いる)布・紙などが風に吹かれてゆれ動くさま。 「紙ふぶきが-(と)降る」 「髪に-したものを飾る」
[0] ( 名 )
若い女。 「其-が段々近くなると思ひねえ/滑稽本・和合人」
「ぴらぴら簪かんざし」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぴらぴらの関連キーワードぴらぴら簪かんざし紙片

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android