ふわふわ

精選版 日本国語大辞典「ふわふわ」の解説

ふわ‐ふわ ふはふは

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 柔らかくふくらんでいるさまを表わす語。ふんわり。
※吾妻鏡‐元暦二年(1185)四月一五日「右衛門尉季重 顔はふわふわとして希有之任官哉」
② 軽いものが静かに揺れ動くさまを表わす語。
※名語記(1275)五「肩をふはふはとつかふ」
③ 軽々と浮きうさまを表わす語。
※虎明本狂言・文荷(室町末‐近世初)「『さああふげあふげ』『ふはふはとあがるぞあがるぞ』」
④ 人の心、人の動作が軽々しくて落ち着かないさま、軽薄なさまを表わす語。
※名語記(1275)五「人のふるまひのふはふは、如何」
[2] 〘形動〙 (一)①に同じ。「ふわふわなふとん
※白い犬(1951)〈永井龍男〉「振り上げた尻尾が、〈略〉ふはふはの羽根ばたきに似て」
[3] 〘名〙
① 歌舞伎で、乗りの俗称。役者の体がふわふわと空中に浮き上がるところからの称。
鶏卵を熱い湯の中に入れてかき混ぜて作った吸物
※評判記・色道大鏡(1678)四「夜起の時、ふはふはにするとて玉子を人のわるを見つつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ふわふわ」の解説

ふわ‐ふわ〔ふはふは〕

[副](スル)
軽いものが揺れ動いたり、浮いて漂ったりするさま。「カーテンが風にふわふわ(と)揺れる」「白い雲がふわふわ(と)浮かぶ」
心が落ち着かないで、うわついているさま。「気持ちがふわふわ(と)している」
柔らかくふくらんでいるさま。「ふわふわ(と)したソファーに座る」
[形動]3に同じ。「ふわふわ羽毛布団
[名]卵を湯の中でとき混ぜた吸い物
「―にするとて玉子を人の割るを見つつ」〈色道大鏡・四〉
アクセントワフワ、はフワフワ
[類語]1びらびらぴらぴらひらりひらりはたはたゆらゆらゆさゆさちらりほらりほろりはらりぱらぱらひらひらひらり片片へんぺんぽっかりぷかりぷかりぷかぷかどんぶりこどんぶらこ浮き沈み浮遊たゆたう浮かぶ漂う浮く浮揚舞うふわりふわっとふんわり3ふわっとふわりふんわりふかふかふっくらふくふくぷくぷくぷよぷよぷにぷにふにゃふにゃなえなえへろへろへたへたよれよれしなしななよなよなよやかぐにゃぐにゃへなへなぶよぶよくにゃくにゃぐにゃっとくにゃっとくなくなぐなぐなぐにゃりぐんにゃりぐんなりしなやかしんなりぷるんぷるぷるぷりぷりしこしこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android