ふわふわ(読み)フワフワ

デジタル大辞泉の解説

ふわ‐ふわ〔ふはふは〕

[副](スル)
軽いものが揺れ動いたり、浮いて漂ったりするさま。「カーテンが風にふわふわ(と)揺れる」「白い雲がふわふわ(と)浮かぶ」
心が落ち着かないで、うわついているさま。「気持ちがふわふわ(と)している」
柔らかくふくらんでいるさま。「ふわふわ(と)したソファーに座る」
[形動]3に同じ。「ふわふわな羽毛布団」
[名]卵を湯の中でとき混ぜた吸い物。
「―にするとて玉子を人の割るを見つつ」〈色道大鏡・四〉
[アクセント]ワフワ、はフワフワ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふわふわ

[1] ( 副 ) スル
(多く「と」を伴って)
浮いて漂うさま。 「雲が-と浮かんでいる」
やわらかく軽いさま。 「 -としたケーキ」
心が落ち着かず浮ついているさま。 「喜んで-した気分になるな」
[0] ( 形動 )
やわらかくふくらんでいるさま。 「 -の羽毛布団」
( 名 )
江戸時代、鶏卵をといて熱い湯のなかでかきまぜた料理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふわ‐ふわ ふはふは

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 柔らかくふくらんでいるさまを表わす語。ふんわり。
※吾妻鏡‐元暦二年(1185)四月一五日「右衛門尉季重 顔はふわふわとして希有之任官哉」
② 軽いものが静かに揺れ動くさまを表わす語。
※名語記(1275)五「肩をふはふはとつかふ」
③ 軽々と浮きうさまを表わす語。
※虎明本狂言・文荷(室町末‐近世初)「『さああふげあふげ』『ふはふはとあがるぞあがるぞ』」
④ 人の心、人の動作が軽々しくて落ち着かないさま、軽薄なさまを表わす語。
※名語記(1275)五「人のふるまひのふはふは、如何」
[2] 〘形動〙 (一)①に同じ。「ふわふわなふとん」
※白い犬(1951)〈永井龍男〉「振り上げた尻尾が、〈略〉ふはふはの羽根ばたきに似て」
[3] 〘名〙
① 歌舞伎で、宙乗りの俗称。役者の体がふわふわと空中に浮き上がるところからの称。
② 鶏卵を熱い湯の中に入れてかき混ぜて作った吸物。
※評判記・色道大鏡(1678)四「夜起の時、ふはふはにするとて玉子を人のわるを見つつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ふわふわの関連情報