コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひらりひらり ヒラリヒラリ

デジタル大辞泉の解説

ひらり‐ひらり

[副]
何度も軽く身をひるがえすさま。「打ち込む太刀をひらりひらりとかわす」
軽い物がひるがえるさま。「紙飛行機がひらりひらりと空を舞う」
きらめくさま。きらりきらり。
「与一が兜(かぶと)の鍬形(くはがた)の、―とひらめくにぞ」〈虎明狂・文蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらりひらり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
身をひるがえして軽く飛ぶさま。 「 -と切っ先をかわす」
風にひるがえるさま。 「木の葉が-と風に舞う」
きらめくさま。ぴかぴか。 「兜の鍬形の-とひらめくにぞ/狂言・文蔵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひらりひらりの関連キーワード紙飛行機切っ先鍬形

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひらりひらりの関連情報