コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はたはた ハタハタ

デジタル大辞泉の解説

はた‐はた

[副]
物を続けざまにたたいたり何かにぶつけたりする音や、そのさまを表す語。
「下駄の雪を落とす音が、―と聞こえる」〈藤村千曲川のスケッチ
旗などが風にあおられたり、鳥が羽ばたいたりして立てる音や、そのさまを表す語。「洗濯物がはたはた(と)ひるがえる」「はたはた(と)うちわであおぐ」
動作が迅速であるさま。
「太夫―と来て」〈浮・禁短気・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はたはた

( 副 )
旗などが風に吹かれてひるがえるさま。また、その音を表す語。 「旗が-(と)ひるがえる」
鳥などの羽ばたくさま。 「小さな蝶が、-と脆い羽を揺らめかして/日本北アルプス縦断記 烏水
物が当たって鳴る音を表す語。また、雷の鳴る音を表す語。 「戸を-とたたけるに/宇治拾遺 2
事態が急速に進行するさま。また、あわただしいさま。 「太夫-と来て/浮世草子・禁短気」
言動のはっきりしたさま。 「人の前にては、-と物をいふべし/毛端私珍抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

はたはたの関連キーワード馴れ鮨/熟れ鮨/馴れ鮓/熟れ鮓なれずし(熟鮨)フリッピングしょっつる塩汁貝焼き定置漁業ハタハタ動物供養はらはらはためくはたたく塩汁鍋馴れ鮨千曲川すし太夫致す飯鮨翩翻塩汁

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はたはたの関連情報