ほうほう(読み)ホウホウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ほう

[副]物を続けざまに投げたり、打ったりする音や、そのさまを表す語。
「五つ六つ、―と投げ入れなどする」〈・三〇六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ほう

〘副〙
① 物を投げたりたたいたりする音、またはそのさまを表わす語。ぽんぽん。
※落窪(10C後)一「居侍れとて、かさをほうほうと打てば」
② 梟(ふくろう)に類する鳥の鳴き声を表わす語。
※御伽草子・雀の発心(室町時代物語大成所収)(室町末)「ふくろうの、〈略〉こすそふきのくらいにて、ほうほうと、したまひける」
③ 勢いよく息を吹きかけたり水蒸気の立ちのぼったりするさまを表わす語。
※土(1910)〈長塚節〉二五「ほうほうと威勢よく立って居る水蒸気(ゆげ)が」

ほう‐ほう

感動
① 鳥やなどをうときにいう語。
狂言記・緡(1660)「『鳥を終に追ふて見た事が御ざりませぬ』『ほうほうといふて追ばよいわいやい』」
② 「ほう」を重ねて強めたいい方。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ほうほうの関連情報