コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ホ

3件 の用語解説(ほの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほ[五十音]

五十音図ハ行の第5音。咽頭の無声摩擦子音[h]と母音[o]とから成る音節。[ho]
平仮名「ほ」は「保」の草体から。片仮名「ホ」は「保」の末4画から。
[補説](1) 「ほ」は、古くは両唇の無声摩擦子音[Φ]と母音[o]とから成る音節[Φo]であり、さらに奈良時代以前には[po]であったかともいわれる。室町時代末までは[Φo]であったが、江戸時代に入り[ho]となった。(2) 「ほ」は、平安時代半ば以後、語中語尾では、一般に[wo]と混同し、室町時代末まで[wo]と発音されたが、江戸時代に入り[o]と発音されるようになった。これらは歴史的仮名遣いでは「ほ」と書くが、現代仮名遣いではすべて「お」と書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

五十音図ハ行第五段の仮名。声門摩擦音の無声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。
平仮名「ほ」は「保」の草体。片仮名「ホ」は「保」の末四画。 〔 (1) 「ほ」の頭子音は、古くは両唇摩擦音の無声子音であり、さらに奈良時代以前には両唇破裂音であったかといわれる。中世末期まで両唇摩擦音であったが、近世以降現代語と同じ音になった。 (2) 「ほ」は、平安時代半ば以降、語中語尾では、一般に「を」「お」と同じ音になった。これらは、歴史的仮名遣いでは「ほ」と書くが、現代仮名遣いではすべて「お」と書く〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第6行第5段の仮名で、平仮名の「ほ」は「保」の草体から、片仮名の「ホ」は「保」の終わりの4画からできたものである。万葉仮名では「富、風、本、品、朋、保、倍、抱(以上音仮名)、百、帆、太、穗(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「煩、菩、番、蕃(以上音仮名のみ)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(保)」「(本)」「(奉)」「(穗)」などがある。音韻的には/ho/(濁音/bo/、半濁音/po/)で、喉頭(こうとう)無声摩擦音[](両唇有声破裂音[b]、両唇無声破裂音[p])を子音にもつ。[上野和昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほの関連キーワード三和五・伍五条混本歌チェリー花菱五十里五日町五条西五郎丸

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone