コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ほ[五十音]

五十音図ハ行の第5音。咽頭の無声摩擦子音[h]と母音[o]とから成る音節。[ho]
平仮名「ほ」は「保」の草体から。片仮名「ホ」は「保」の末4画から。
[補説](1) 「ほ」は、古くは両唇の無声摩擦子音[Φ]と母音[o]とから成る音節[Φo]であり、さらに奈良時代以前には[po]であったかともいわれる。室町時代末までは[Φo]であったが、江戸時代に入り[ho]となった。(2) 「ほ」は、平安時代半ば以後、語中語尾では、一般に[wo]と混同し、室町時代末まで[wo]と発音されたが、江戸時代に入り[o]と発音されるようになった。これらは歴史的仮名遣いでは「ほ」と書くが、現代仮名遣いではすべて「お」と書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図ハ行第五段の仮名。声門摩擦音の無声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。
平仮名「ほ」は「保」の草体。片仮名「ホ」は「保」の末四画。 〔 (1) 「ほ」の頭子音は、古くは両唇摩擦音の無声子音であり、さらに奈良時代以前には両唇破裂音であったかといわれる。中世末期まで両唇摩擦音であったが、近世以降現代語と同じ音になった。 (2) 「ほ」は、平安時代半ば以降、語中語尾では、一般に「を」「お」と同じ音になった。これらは、歴史的仮名遣いでは「ほ」と書くが、現代仮名遣いではすべて「お」と書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第6行第5段の仮名で、平仮名の「ほ」は「保」の草体から、片仮名の「ホ」は「保」の終わりの4画からできたものである。万葉仮名では「富、風、本、品、朋、保、倍、抱(以上音仮名)、百、、太、穗(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「煩、菩、番、蕃(以上音仮名のみ)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(保)」「(本)」「(奉)」「(穗)」などがある。音韻的には/ho/(濁音/bo/、半濁音/po/)で、喉頭(こうとう)無声摩擦音[](両唇有声破裂音[b]、両唇無声破裂音[p])を子音にもつ。[上野和昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ほの関連キーワード秋田県にかほ市象潟町狐森寿ひ・祝ひ・賀ひ大分県別府市鶴見ほでてんごう寿ふ・祝ふのんちゃんブースター豆糠撒き桂川甫三かほく市ごほごほにかほ市骨屋町十の島骨煎餅上開発東雲の骨っ節北栄町𦯶麻稈

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほの関連情報