コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あさひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


あさひ

愛知県北部,豊田市北部の旧町域。矢作川上流左岸にある。 1967年町制。 2005年豊田市に編入。農山村で人口減少が著しく,過疎対策指定地域。近年は近隣の都市部への通勤者が増え,兼業農家が多い。中心集落の小渡 (おど) ,笹戸,榊野に鉱泉があり,渓谷の自然とともに 1970年愛知高原国定公園に指定。閑羅瀬 (しずらせ) の矢作第1ダムは,高さ 100m,長さ 323.1mのアーチ式で,洪水を調節するとともに,西三河地方衣浦臨海工業地域へ農・工業用水,水道水,電力を供給する。南部にある杉本の貞観スギは国の天然記念物に指定されている。


あさひ

島根県西部,浜田市東部の旧町域。中国山地石見高原に位置する。 1958年町制。 2005年浜田市,金城町,弥栄村,三隅町の4市町村と合体して浜田市となる。米作のほか,和牛飼育,シイタケ栽培が行なわれる。南部は冠山山地の一部で西中国山地国定公園に属する。


あさひ

岡山県中部,美咲町西部の旧町域。吉備高原にある。 1953年垪和 (はが) 村,倭文西 (しとりにし) 村,西川村の3村が合体して町制。同年江与味 (えよみ) 村の一部を編入。 2005年中央町,柵原町と合体して美咲町となった。地名は旭川に臨むことに由来。中心集落の西川は江戸時代は旭川の河港であった。山林が大部分を占め,高原ではタバコ,シイタケを生産。和牛や乳牛の飼育も行なわれる。旭川は鋭いV字谷をなし,かつては谷底に狭い氾濫原があったが,1954年旭川ダムの建設により主要な農耕地はすべて水没した。南部は吉備清流県立自然公園に属する。


あさひ

茨城県南東部,鉾田市北部の旧村域。鹿島灘に臨む台地上にあり,北端は涸沼に面する。 1955年夏海村,大谷村,諏訪村の3村が合体して旭村が発足。 2005年鉾田町,大洋村と合体して鉾田市となった。水戸市の商業圏に属する。メロンやトマトの施設栽培,養豚が行なわれる。


あさひ

山口県北部,萩市南部の旧村域。 1955年佐々並村と明木村が合体して旭村が発足。 2005年萩市,川上村,田万川町,むつみ村,須佐町,福栄村の6市町村と合体して萩市となった。山間地で,農林業を主とする。2年ごとに南部の佐々並,北部の明木に交互に役場を置いたが,1993年明木に固定された。佐々並は山口の,明木は萩の商圏に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あさひ【旭】[千葉県の市]

千葉県北東部、九十九里平野北部の市。農村市場として発達。平成17年(2005)7月、干潟町・海上町・飯岡町と合併。人口6.9万(2010)。

あさひ【旭】[横浜市の区]

横浜市北西部の区名。昭和44年(1969)保土ケ谷区から分離

あさひ【旭】[大阪市の区]

大阪市北東部の区名。昭和7年(1932)東成区から分離。昭和18年(1943)城東区都島区を分離して現区域となる。

きょく【旭】[漢字項目]

人名用漢字] [音]キョク(漢) [訓]あさひ
あさひ。「旭光旭日
[名のり]あき・あきら・あさ・てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさひ【旭】

千葉県北東部、九十九里浜北端の市。水産・農産物の交易市場として発達。米・サツマイモを生産。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

旭の関連キーワード清草舎 英昌(3代目)千葉県の地震被害季楽里あさひチェンキュル那須烏山市サツマイモふじみ野市天海旭鶴宇都宮市旭〈町〉豊田旭穣農産物吉川市佐渡市飯山市松本市知多市宮崎市西都市旭市

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旭の関連情報