コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿武川 あぶがわ

4件 の用語解説(阿武川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿武川
あぶがわ

山口県北部を西流して,日本海に注ぐ川。島根県境の十種ヶ峰 (とくさがみね) 北方に源を発し,萩市の市街地で松本川と橋本川に分流。全長 82.2km。上流には景勝地の長門峡 (名勝) ,中流に阿武川ダムがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あぶがわ【阿武川】

山口県北部を流れる川。阿武高原の嘉年(かね)盆地に発し,旧堰塞(えんそく)湖盆の徳佐盆地を南西へゆるやかに流れ,阿武山地を横断するところに名勝長門峡をつくって北西に貫流し,萩市で松本川と橋本川に分かれ,萩三角州平野を形成して日本海に流入する。幹川流路延長82.2km,全流域面積694.8km2,錦川に次ぐ山口県第2の河川。支流に中国電力の佐々並川ダム,本流の川上村に有効貯水量1億2150万m3の県下最大の県営阿武川ダム(1975完成)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕阿武川(あぶがわ)


山口県北部を流れる川。2級河川(阿武川水系)。延長82km。県東部を流れる錦(にしき)川に次ぐ同県第2の河川。山口市北部の島根県境近くに源を発し、南西流ののち北西流して萩(はぎ)市で松本(まつもと)川と橋本(はしもと)川に分かれ、萩三角州を形成して日本海に注ぐ。中流に国の名勝の長門(ちょうもん)峡、下流に同県最大の多目的ダムの阿武川ダムがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿武川
あぶがわ

山口県北部を西流する川。山口市最北部の阿東(あとう)地区、萩(はぎ)市の南部および同市の主要部を含む範囲を流域とし、延長82.2キロメートル。本流は島根県境に近い阿武高原の嘉年(かね)盆地に発し、稲作地帯徳佐盆地を緩やかに南西へ流れ、阿武山地を深く侵食して長門(ちょうもん)峡(国指定名勝)をつくる。さらに北西流し、萩市中部で松本川と橋本川に分かれて旧城下町萩の載(の)る三角州平野を形成して日本海に入る。支流には、佐波(さば)川に争奪されて短くなった朴(ほおのき)川、直線状の断層谷を流れる生雲(いくも)川や佐々並(ささなみ)川、火山噴出で流路の変わった蔵目喜(ぞうめき)川などがあり、複雑な河系を示す。支流佐々並川に中国電力の貯水池、本流には県下最大の県営阿武川ダムがある。萩市川上に阿武川流域の生活などの資料を展示した阿武川歴史民俗資料館がある。流域ではアユ漁が盛んで、松本川河口のシロウオ漁も有名である。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿武川の関連キーワード竹田川山口県山口市阿東嘉年上山口県山口市阿東嘉年下山口県阿武郡山口県阿武郡阿武町宇田山口県阿武郡阿武町木与山口県阿武郡阿武町惣郷山口県阿武郡阿武町奈古福栄〈村〉むつみ〈村〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿武川の関連情報