コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めさまし新聞 めさまししんぶん

大辞林 第三版の解説

めさまししんぶん【めさまし新聞】

日刊新聞。星亨とおるが発行した絵入り新聞「灯新聞」を1887年(明治20)に改題したもの。翌年七月、村山竜平が譲り受け、「東京朝日新聞」と改題。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

めさまし新聞【めさまししんぶん】

自由民権運動末期の民権派の小新聞大新聞・小新聞)。1884年創刊の《自由灯(じゅうのともしび)》が弾圧うけ《灯新聞》に改題,これをさらに1887年に改題したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めさまししんぶん【めさまし新聞】

自由民権運動末期に刊行された自由民権派の小新聞(こしんぶん)。自由党は大新聞(おおしんぶん)として1882年6月に《自由新聞》,小新聞として84年5月に《自由灯(じゆうのともしび)》をそれぞれ創刊して,自由民権思想の国民への浸透を図ったが,《自由新聞》(第1次)は85年に権力の弾圧と党内抗争によって廃刊となった。《自由灯》は社長星亨を中心に継続して刊行され,一時は東京第一の部数を誇ったが,やはり弾圧を受けて86年1月に《灯新聞》と改題し,さらに翌87年4月に《めさまし新聞》と再改題された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

めさまし新聞
めざまししんぶん

同名の新聞がいくつかある。
(1)1878年(明治11)12月15日、福岡の薬種商藤井孫次郎が創刊した隔日刊紙で、平易な、振り仮名つきの小(こ)新聞。79年8月22日第105号まで発行。25日から『筑紫(つくし)新報』と改題、論説を掲げる。さらに翌年4月『福岡日日新聞』と改題、日刊となる。現在の『西日本新聞』の前身である。
(2)1887年(明治20)4月1日、星亨(とおる)が『燈(ともしび)新聞』(86年1月『自由燈(じゆうのともしび)』を改題)を改題発行した新聞。自由党系の小新聞だったが、頻々たる発行停止と、星が保安条例で帝都退去を命ぜられたため、村山龍平(りょうへい)が買収、紙面を刷新して88年7月10日『東京朝日新聞』と改題、今日の『朝日新聞』に至る。
(3)1893年(明治26)11月15日、上野岩太郎、遠藤安五郎が創刊した自由党系の新聞。95年『東京新聞』、97年『人民』と改題。政友会系となる。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

めさまし新聞の関連キーワードめざまし新聞絵入り新聞佐藤 北江小泉策太郎光永星郎佐藤北江村山竜平斎藤緑雨

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android