コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もか モカ

デジタル大辞泉の解説

も‐か

[連語]《係助詞「も」+係助詞「か」。上代語》…も…であろうか。
「伊勢の海の海人(あま)の島津が鮑玉(あはびたま)取りて後―恋の繁けむ」〈・一三二二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もか

( 連語 )
〔係助詞「も」に係助詞「か」の付いたもの。上代語〕
「も」は詠嘆、「か」は疑問の意を表す。…であろうかなあ。 「伊勢の海の海人あまの島津が鮑玉あわびたま取りて後-恋の繁けむ/万葉集 1322」 「弥彦いやひこ神の麓に今日ら-鹿の伏すらむ裘かはごろも着て角つきながら/万葉集 3884

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

もかの関連キーワードティモシー・マイクル ヒーリブルータスお前もか藤波の・藤浪の睫を読まれる変若ち・復ち村松喜兵衛知った振りブルータス青馬・白馬隔てがまし小余綾の赤瀬川隼何はの事音に聞く漕ぎ出づ生憎し船乗り真赤土心深し藤波の

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もかの関連情報