コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦粒腫 ばくりゅうしゅhordeolum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麦粒腫
ばくりゅうしゅ
hordeolum

ものもらいともいう。まつげの毛根 (睫毛嚢) の脂腺に起る急性化膿性炎症。まぶたが赤くなり,はれて痛むが,4~7日ぐらいで自然に膿が出てなおることが多い。ブドウ球菌,ことに黄色ブドウ球菌の感染によるものが多い。初期とか軽症の場合は冷罨法だけでもなおるが,程度に応じてサルファ剤あるいは各種の抗生物質を点眼または内服で使用する。膿点ができたときは切開して膿を出す。一度経験すると再発しやすい傾向がある。まれにまぶたの内側が化膿することがあり,これは別に内麦粒腫と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

麦粒腫【ばくりゅうしゅ】

ものもらい

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ばくりゅうしゅ【麦粒腫】

まつ毛の根もとの脂腺の急性化膿性炎症。まぶたの一部が赤くはれて痛みが強い。ものもらい。めいぼ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麦粒腫
ばくりゅうしゅ

俗称ものもらい。内麦粒腫と外麦粒腫に分けられる。内麦粒腫は板腺(けんばんせん)(マイボーム腺)の急性化膿(かのう)性炎で、眼瞼(まぶた)が赤く腫(は)れてその裏面にまで及び、圧痛がある。普通、1週間くらいで自然に排膿して治癒する。外麦粒腫は睫毛(しょうもう)(まつげ)の毛嚢(もうのう)の脂腺(ツァイス腺)の急性化膿性炎で、眼瞼縁に近いところが赤く腫れて痛む。これも1週間ぐらいで自然排膿して治癒する。いずれも初期は切開せずに抗生物質の点眼または軟膏(なんこう)を塗布し、全身的にも内服あるいは注射する。原則として手術は行わないが、化膿が進行して膿点が明らかになれば、内麦粒腫では眼瞼の裏面から、外麦粒腫では皮膚から切開排膿させることもある。
 原因は連鎖球菌やブドウ球菌によることが多く、多発する場合は糖尿病などの全身症状にも注意する必要がある。予防としては、清潔を保つことと、体のコンディションを整えておくことである。[大島 崇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の麦粒腫の言及

【ものもらい】より

…おもに関東地方で使われる言葉で,地方により,メモライ,メコジキ,メボ,メバチコなど,さまざまに呼ばれる。狭義には,麦粒腫hordeolum,とくに外麦粒腫をさすと思われるが,広義には,内麦粒腫や霰粒腫(さんりゆうしゆ)も含まれる。外麦粒腫は瞼縁の皮脂腺あるいはまつ毛の毛囊部にできる化膿性の炎症であり,内麦粒腫は瞼板腺(マイボーム腺)に起こる化膿性の炎症で,いずれの麦粒腫も限局性の腫張と疼痛を伴う。…

※「麦粒腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

麦粒腫の関連キーワード目の主要な症状目(め)眼感染症霰粒腫物貰い目薬大島俗に

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麦粒腫の関連情報