コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わら(藁) わら straw

翻訳|straw

1件 の用語解説(わら(藁)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わら【わら(藁) straw】

イネ,麦などの穀用作物の結実収穫後の茎(稈(かん)),葉を乾燥したものを,一般にわらと呼んでいる。日本では,米の生産と関連して,稲わらの利用が生活と深く結びつき,わら工品として,かます,むしろ,俵,縄,履物(わらじ,ぞうり,わらぐつ),畳床などの材料に用いられ,また飼料,肥料,敷きわら,燃料などにも利用されてきた。現在の稲わらの利用をみると,肥料として切断わらの田畑へのすき込みがもっとも多く,ついで堆肥用,畑の敷きわら用で,稲わら総産出量の過半数が農業用として使われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

わら(藁)の関連キーワード後作間作工芸作物食用作物平年平年作実収早生特用作物ひこばえ(再生イネ)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone