コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

わ[五十音]

五十音図ワ行の第1音。両唇の間を狭めて発する半母音[w]と母音[a]とから成る音節。[wa]
平仮名「わ」は「和」の草体から。片仮名「ワ」は「和」の旁(つくり)「口」の草体から。
[補説]片仮名「ワ」の字源は、一説に、「輪」を示す記号「〇」を二筆で書いたものからともいわれる。

わ[感]

[感]
驚いたときに発する声。わあ。わっ。「、すてき」
大声で泣いたり笑ったりするときに発する声。
「小児の泣く声の―と聞こゆ」〈名語記

わ[終助]

[終助]活用語の終止形に付く。
主に女性が用いて、軽い決意や主張を表す。「もう忘れてしまった」「わたしも出席する
驚き・感動・詠嘆の意を表す。「まあ、きれいだ」「水は出ない、電気は止まるで、さんざんな目にあった」「散る散る、まるで木の葉の乱舞だ」
「年がよると物事が苦労になる―」〈滑・浮世床・初〉
[補説]係助詞「は」から生まれたもので、中世後期以降、終助詞として固定した。「わ」の表記は、中世末期ごろから。

わ[間助]

[間助]《上代語》副詞・助詞に付く。念を押したり、相手へ呼びかけたりする意を表す。
「うるはしき十羽(とば)の松原童(わらは)どもいざ―出で見む」〈・三三四六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図ワ行第一段の仮名。両唇の間を狭めて発する半母音と後舌の広母音とから成る音節。
平仮名「わ」は「和」の草体。片仮名「ワ」は「和」の旁つくり「口」の草体から(一説に、「輪」を示す記号「○」を二筆で書いたものからとも)。

( 感 )
驚いたときや人を驚かせるときなどに発する語。わあ。わっ。 「 -、お化けだぞう」 「 -、こわい」
( 副 )
笑い出す声や泣き出す声を表す語。 「敵も味方も-とぞ笑ひける/平家 一六・長門本

( 係助 )
〔近世語。「わ」と表記されることが多い〕
係助詞「は」の文末用法。文末にあって終助詞的に用いられ、話し手自身に対して、念を押すような気持ちでの詠嘆の意を表す。 「拝ませいで無念なわい、口惜しい-と歯ぎしみし/浄瑠璃・大経師 」 「左様極つて居てみりやあ、間違ひ引はありません-ね/人情本・清談若緑」 〔現代語の終助詞「わ」のもとになるもの〕 → は(係助)

( 終助 )
〔文末に用いられた係助詞「は」からの転。中世末期以降の語〕
活用語の終止形に接続する。
(女性用語として)話し手の主張や決意を、表現をやわらげて軽く言い表す。 「おもしろい-ね」 「あら、困った-」 「別のやり方のほうがいいと思う-」
軽い詠嘆や驚きなどの気持ちを表す。 「ほんとうによくやる-、あの男は」 「これは驚いた-」
感動の意を表しながら並べあげる場合に用いる。 「腹はへる-、足は棒になる-で、もうさんざんな遠足だった」 → は(係助)

( 間投助 )
〔上代語〕
文節末にあって、発言内容に対する確認を表す。 「いざ吾君あぎ振熊ふるくまが痛手負はずは鳰鳥におどりの淡海の湖に潜かずきせな-/古事記 」 「うるはしき十羽とばの松原童どもいざ-出で見む/万葉集 3346

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第10行第1段の仮名で、平仮名の「わ」は「和」の草体からでき、片仮名の「ワ」は「和」の旁(つくり)からとも、「輪」の符号「○」からともいわれる。万葉仮名では「和、宛、倭、渦(以上音仮名)、丸、輪(以上訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(和)」「(王)」「(○)」「(倭)」「(輪)」などがある。
 音韻的には/wa/で、両唇を狭めて発する有声摩擦音[w]を子音にもつ。平安時代中期以後、語頭以外の「は」はワと発音されるのが原則となったが、現代仮名遣いでは、助詞の「は」を除いて、みな発音どおり「わ」と表記されている。[上野和昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

わの関連キーワード有るわ有るわ出るわ出るわ足羽川浪諏訪町聞こゆ昭和町お化け人情本氷川町活用語半母音豊川町木の葉終止形河岸箕輪斎鍬黒沢詠嘆助詞

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わの関連情報