コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイヒンガー アイヒンガー Aichinger, Gregor

4件 の用語解説(アイヒンガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイヒンガー
アイヒンガー
Aichinger, Gregor

[生]1564. レーゲンスブルク
[没]1628.1.21. アウクスブルク
ドイツオルガニスト,作曲家。 1577年ミュンヘンに行き,ラッススの教えを受けたといわれている。 84年アウクスブルクのフッガー家のオルガニストとなる。 84~87年イタリアに行く。 99~1600年再びローマを訪れ,この頃聖職についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アイヒンガー
アイヒンガー
Aichinger, Ilse

[生]1921.11.1. ウィーン
オーストリア女流作家第2次世界大戦後医学を学んだのち,ドイツ占領軍によって受けた迫害の体験をもとにした小説『より大いなる希望』 Die grössere Hoffnung (1948) を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アイヒンガー

ウィーン生れの女性作家で1953年アイヒと結婚。《より大きな希望》《縛られた男》等詩的密度の濃い散文で,現実と超現実の中間領域をとらえた異色の小説を発表し注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイヒンガー
あいひんがー
Ilse Aichinger
(1921― )

オーストリアの女流作家で、ウィーンのユダヤ系一家に生まれる。第二次世界大戦中の迫害された生活体験をもとに、ユダヤ人を母親にもつ少女の不幸と夢を超現実風に描いた『より大きな希望』で作家活動に入る。1952年に「鏡の話」で「グループ47賞」を受賞。「鏡の話」を含むカフカ風な短編集『縛られた男』(1953)によって、人間の実存を極度に切り詰めた事例とことばで描く短編作家として知られる。しかし1952年、詩人ギュンター・アイヒと結婚したあとは詩や脚本の分野の仕事が多く、現実性の希薄な短い情景脚本『一時間経たないうちに』(1957)やラジオドラマ集『オークランド』(1969)、夢想的な詩を集めた『贈られた助言』(1978)、その他詩と短編集『私の住んでいるところ』(1963)、ほとんど宗教的な小品集『悪い言葉』(1976)などがある。比較的寡作な作家だが、夫の死(1972)後は極端に作品が少ない。[早崎守俊]
『矢島昂訳『より大きな希望』(1981・月刊ペン社) ▽根本萠騰子訳『悪い言葉』(1988・第三書房) ▽眞道杉ほか訳『縛られた男』(2001・同学社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイヒンガーの関連キーワードウォルフスブルクシュトラスブルクフレンスブルクレーゲンスブルクグリュックスブルク城シェースブルクヨハニスブルク城レーゲンスブルク大聖堂ペテルスブルクヴァルハラ神殿

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone