コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウグスティヌス会 アウグスティヌスかい Augustini[ラテン]

2件 の用語解説(アウグスティヌス会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アウグスティヌスかい【アウグスティヌス会 Augustini[ラテン]】

ヒッポ司教アウグスティヌスが原則を定めた修道会則(戒律)に従うカトリック修道会の総称。通称アウグスチノ会。聖母マリアの下僕会,聖三位一体会,贖虜の聖母会(メルセス会),アレクシウス会,マリア被昇天会などがあり,ヨハネ騎士修道会ドミニコ会もふくまれる。いずれも個人財産の放棄と共唱祈禱を義務づけ,共同生活における協調精神と愛徳の実践を重んじる。上記のほか,この名称でよばれるものに〈アウグスチノ隠修士会〉と同名女子修道会がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウグスティヌス会
あうぐすてぃぬすかい
Augustini

アウグスティヌスの会則(戒律)による種々の修道会の総称。アウグスティヌスは修道のための共同生活の重要性を説き、共住生活における一致と愛徳を強調する修道会則を定めた。この会則を基礎とする修道会は、ドミニコ会、七つの騎士修道会、聖三位(さんみ)一体会など種々あるが、とくにアウグスティノ修道参事会、アウグスティノ隠修士会、アウグスティノ女子修道会がそのうちの代表的なものである。
(1)アウグスティノ修道参事会Canonici Regulares S. Augustini(ラテン語)11世紀のカロリング王朝の時代に組織された司教座聖堂参事会が発展し、アウグスティヌスの会則(とくに211書簡)を採用することによって、11~12世紀に制度化された。11世紀にすでに北イタリア、南フランスにおいて初代教会の共同生活を範とする聖職者の共同生活が営まれていたが、とくに1059年にはアウグスティヌスの会則に基づく共同生活が公式に承認された。12世紀初頭以来、プレモントレ会は参事会員のための学校をプレモントレの谷に開くなどして、会の改革と隆盛を招来したが、宗教改革以後は衰えた。
(2)アウグスティノ隠修士会Ordo Eremitarum S. Augustini(ラテン語)アウグスティヌスの会則に基づき、1256年教皇アレクサンデル4世の勅書Licet Ecclesiae Catholicaeにより結成された。当初は隠遁(いんとん)的性格をもっていたが、やがて都市に活動を集中して伝道事業や教育活動を行うようになった。同会にはルターも所属していた。14世紀以降、スペイン、イタリア、フランスなどに同系の跣足(せんそく)修道会が生まれた。また隠修士会は、1602年(慶長7)司祭ヘルナンドが来日して豊後(ぶんご)(大分県)に根拠地を置いて、長崎地方に布教を行ったが、1952年(昭和27)にアメリカからふたたび来日し、現在は長崎市に本部を置いて、布教、教育活動に従事している。
(3)アウグスティノ女子修道会 男子修道会に準じて各種の女子修道会が生まれ、中世に栄えた。女子跣足修道会は今日でも活動しており、慈悲の友会(愛徳会)も同系である。[加藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアウグスティヌス会の言及

【隠者】より

…第1回十字軍の勧請活動で知られる隠者ピエールPierre l’Hermiteのような著名なものもいる。13世紀以降,隠者も共同組織にくわえられることが多く,アウグスティヌス会,カルトゥジア会,カルメル会などが成立し,現在にまで存続する。【樺山 紘一】
[日本]
 日本でも,世俗の生活を捨てたり,そこでの社会的・人間的な関係のもつ制約から逃れ,ときに山野に隠れ住む人を隠者といい,その行為を隠遁という。…

【托鉢修道会】より

…13世紀初めの西ヨーロッパで革新的なキリスト教信仰生活をめざした新形式の修道会の総称。フランシスコ会ドミニコ会カルメル会アウグスティヌス会などがこれに属する。これらの修道会は,中世初期以来のベネディクト会系の修道院が民衆から隔絶した場所に定住し,しかも有力信者からの寄進を受けて富裕化,世俗化したのに対して,その生活方式を根本的に異にし,個人・共同体ともに財産を所有せず信徒からの喜捨にたよる〈清貧〉の精神を重視した。…

※「アウグスティヌス会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アウグスティヌス会の関連キーワードアンブロシウスヤンセンアウグスティヌスアウグスティーナ教会イエロースティープル聖アウグスティヌス修道院聖オーガスティン大修道院聖アウグスティヌスの幻視山田晶ユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone