アカザエビ(藜蝦)(読み)アカザエビ(英語表記)Metanephrops japonicus(=Nephrops japonicus)

世界大百科事典 第2版の解説

アカザエビ【アカザエビ(藜蝦) Metanephrops japonicus(=Nephrops japonicus)】

体長25cmに達する甲殻綱アカザエビ科のエビ(イラスト)で,橙赤色の体色が植物のアカザの若い葉にある紅斑に似ているためこの名がある。歩行するときの体型シャコを思わせ,駿河湾沿岸ではシャコエビとも呼ばれる。額角は強大で,上縁に2対,下縁に1対のとげがあり,額角上縁の両側縁から後走する稜線上に5対,その各側に5本の歯がある。第2~5腹節の背面にやや複雑な浮彫模様がある。前3対の胸脚ははさみをもつが,とくに第1胸脚が強大で,長さは体長に等しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android