コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワブキ

百科事典マイペディアの解説

アワブキ

アワブキ科の落葉高木。本州〜九州,東アジア山地にはえる。葉は互生し,長楕円形。6〜7月,枝先に長さ15〜25cmの円錐花序をつけ,径3mmほどの黄色を帯びた白色花を密生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アワブキ【Meliosma myriantha Sieb.et Zucc.】

山地に生えるアワブキ科の落葉中高木で,材を燃やすと木口から白い泡を吹く(イラスト)。この泡を荒れた唇に塗る地方もある。高さ十数mになり,冬芽は裸で若枝葉裏とともに褐色~黄褐色の毛におおわれる。葉は互生し,長楕円形または倒長楕円形で先端が短くとがり,長さ10~25cm,18~30対の側脈が平行に並ぶ。6,7月ごろ,長さ15~25cmの円錐花序を頂生し,径3mmの淡黄緑白色花を多数つける。各花は花弁が5枚,うち2枚は線形で小さく3枚は広卵形で大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アワブキ
あわぶき / 泡吹
[学]Meliosma myriantha Sieb. et Zucc.

アワブキ科の落葉高木。山地に普通に生え、高さ10メートルに達する。枝、芽、花序、葉の裏面に黄褐色の毛がある。葉は質が薄く、長楕円(ちょうだえん)形、長さ10~25センチメートル、クリの葉に似る。花は6月、枝の先に伸びた大形の円錐(えんすい)花序に多数つき、黄白色。小花は5数性、5本のうち内側の2本の雄しべのみが完全。果実は核果で赤く熟す。名は、枝を燃やすと切り口から泡が出ることにちなむ。本州から九州および朝鮮半島、中国に分布する。アワブキ属はアジアとアフリカの熱帯を中心に50種がある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アワブキの関連キーワードサンゴジュ(珊瑚樹)アワブキ(泡吹)アオバセセリミヤマホウソセセリチョウアオカズラサンゴジュスミナガシ深山ホウソヤマビワ山枇杷豆腐木深山柞青翅挵泡吹垂癲癎坊青葛泡吹

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android