コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テナガエビ テナガエビ Macrobrachium nipponense

3件 の用語解説(テナガエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テナガエビ
テナガエビ
Macrobrachium nipponense

軟甲綱十脚目テナガエビ科 Palaemonidae。体長 10cm。体色は緑色を帯びた褐色ないし暗褐色で,濃色の複雑な斑紋がある。額角上縁に 11~15棘,下縁に 2~5棘をもつ。成長した雄の第2胸脚は体長の 2倍に達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テナガエビ

甲殻類テナガエビ科の淡水産のエビ。体色は暗緑色。体長は9cmくらい。第1触角は3本の長いひげに分かれ,第1・2胸脚ははさみとなり,特に雄の第2胸脚の長さは体長の1.5倍ほどにもなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テナガエビ
てながえび / 手長蝦
oriental river prawn
[学]Macrobrachium nipponense

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目テナガエビ科に属する淡水エビ。水産業上の重要種で、本州、四国、九州各地のほか、朝鮮半島、中国大陸北部、台湾に分布し、流れの緩やかな河川の中・下流域や湖沼にすむ。体長9センチメートルに達し、第2胸脚が、大形の雄では体長の2倍に達する。額角(がっかく)は水平に突出し、上縁に11~15歯、下縁に2~5歯がある。体色は緑色または緑青色を帯びた褐色を呈し、濃色の複雑で不規則な斑紋(はんもん)がある。産卵期は5月下旬から9月中旬で、約1年で性的に成熟し、交尾、抱卵後、幼生を放したあとに死ぬ。
 本州中部地方以南には流れのある瀬を好むヒラテテナガエビ(ヤマトテナガエビ)M. japonicumや静水性のミナミテナガエビM. longipesなどもみられる。琉球(りゅうきゅう)諸島から南に産するコンジンテナガエビM. larは、東南アジア原産の体長40センチメートルに達するオニテナガエビM. rosenbergiなどとともに、養殖の対象とされている。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テナガエビの関連キーワード軟甲類沼海老藜海老乙姫蝦桜蝦芝海老猩猩蝦条蝦手長蝦牡丹海老

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テナガエビの関連情報